に投稿

逆風の時の対処法、など語ってみよう

上手くいかないときってありますよね。。

というか、上手くいかないのが当たり前。
上手くいくときの方が稀。

 

昨今のコロナ禍で多くの皆さんも、時代の逆風の中におられるのではないでしょうか?

 

という訳で、今日は「逆風の時」の対処法など語ってみようかと思います。

私ぜんぜん逆風の対処出来てはいないんですが、
考え方だけは偉い人たちの影響を受けて知っていますw

 

知っているだけでずいぶん私は精神的に助かってます。
ですのでシェアさせて頂きますね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 帆船は逆風の時にどうやって進むのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

子供の頃、帆船って不思議と思いませんでした?

 

「風の力を利用して進む」

 

と言うことでいったん納得したのですが、逆風の可能性は50%。
どうやって進むんだって話。

 

運まかせなのかなあ、

 

って思いませんでした?

 

 

じつは、こういうシステムで帆船は前進できるのです。

 

 

 

 

 

 

風の力を利用して、45度の角度では前進できるんです。

 

 

こうやって逆風さえ利用して帆船はジグザグに目的地に進んでいくんです。
考えた人、めちゃくちゃ頭いい!

 

 

この話を知ったときに思ったのは、この船を会社などのチームに置き換えてみたら?

ということでした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ セカンドベスト、という言葉に救われる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「風」というのはチーム行動にたえず起こってくる
「現実」、もっというと「問題」のこと。

上の図の「逆風」とは「現実」の影響とも取ることが
出来ます。
会社運営してるとコロナもそうだけど、
突然の社員退職とか、色々トラブルに見舞われるわけですが、

その中で前進している帆船の仕組みを知ったことが、

めちゃくちゃ勇気になりました。
ラッキーの追い風を待つだけでは前に進まない!
(確率が50%なので)

 

 

「セカンドベスト」という言葉を何かで知ったときに
「これだ!」と思いました。
「セカンドベスト」こそが、逆風でも45度の前進が出来る
「真のベスト解」なんですよね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 向かい風を使えば大きく前に進む
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

スキージャンプ競技は、向かい風があるほど選手は
凧のように高く飛ぶらしいです。

 

 



これは、めちゃくちゃ影響を受けた「雀鬼」と呼ばれて
色んなマージャン作品のモデルにもなった桜井章一さんの受け売り。

 

深いですよね、、この絵。

 

追い風は自分を成長させはしない、と思います。

 

人も会社も順風満帆よりも、
逆風から多くの学びを得るんですよね。

 

逆風に思える今は、じつは「逆風こそ順風」なはず!

 

ビジネスマンの皆さん、セカンドベストで頑張りましょう!

 

ほな!

 

に投稿

【お盆期間の営業について】

【お盆期間の営業について】
–【休業期間】——————–
8月11日(木)~8月16日(火)まで
8月17日(水)より営業いたします。
何卒よろしくお願い申し上げます。
————————————–

に投稿

カプチーノ EA21R ファーストワークスデモカー販売します

2012年より弊社デモカーだったカプチーノ EA21R ですが、
この車による商品開発を全て完了しましたので、次期デモカーに変更すべく販売いたします。

 

 

>>>販売ページはこちら>>>

 

 

 

弊社ヒット商品のスポーツタービンキット「OVER DRIVE」など
この10年、弊社商品を多数開発をしてきた愛する車輛ですが、
次のステージに向かうべく、大事にされる方にお譲りいたします。

 

 

 

 

 

 

車名
     スズキ カプチーノ
型式
     EA21R
年式
     平成7年
走行距離
     148000km
車検
     なし。登録抹消済み
変速
     5速マニュアル
陸送費用
     車両価格に含まれません。別途見積。
保証
     保証無し。現状渡し

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デモカーとしての主要変更箇所
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・FIRST WORKS製 OVER DRIVE(スポーツタービン)
強化アクチュエーターは搭載していませんが、きっちり1.0kg/cm2のブーストが
かかるよう設定しております。

 

 

 

・HKS ブーストメーター(機械式)
・油温計・水温系(ノーブランド)
・FIRST WORKS製 強化オルタネーター
現在は非売品。

・K&Nスポーツエアフィルター(純正交換タイプ)
・FIRST WORKS製 ディスクローター(3本スリットタイプ)

 

 

 

 

・FIRST WORKS LEDバックランプ
現在は非売品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・FUJITSUBO スポーツマフラー(パワーゲッター)
・BLITZ SBC ブーストコントローラー(現在機能させていません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・カロッツェリアCDレシーバー
・社外スピーカー&ツイーター
・オリジナルカーマット(イエローチェック)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・ナルディクラッシック(33パイ)
※ホーンボタンがなぜかマセラティです
※ステアリング下側にクラックあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・15インチ SSRⅢ アルミホイール
・ブラックシートカバー(ビニールレザー)
※運転席座面に破れあり
・オリジナルカラーに全塗装(アドリアティックブルー)
・ブリジストン ポテンザ RE003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 特徴、これまでの経緯など
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

走行12万キロで弊社デモカーとして2012年から運用。
それまではワンオーナーで現在の担当整備工場と同じ工場で整備されております。

 

無事故車ですが、フロント右フェンダーに凹みを鈑金補修済み。

 

デモカーなので整備、部品交換はある程度されています。
ブレーキホースやバッテリー、ブレーキO/H タイヤなど。
前回の車検整備では20万円くらいかかったかと記憶しています。

 

そこから3万キロ程度しか走っていないので、弊社で交換した部品の部分については
まだまだ元気かと思います。

 

スポーツタービンのテスト車輛でしたが、本格的なテストは
九州のターボサービスオキにて別の車両で行っている為、
弊社では限界走行などは行っておらず、一般道走行試験のみとなります。

 

これは弊社タービンが一般道での通常使用を目的とするためです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 現在把握している問題点など
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

車輛が古いので、やはり抱えている問題もあります。
現在把握している点をひとつずつ説明してまいります。

————————————
・エアコンガスが抜ける
————————————

エアコンガスがわずかずつ抜ける症状があります。
おそらく室内側のエアコンユニット辺りからなのですが、
いったん補充すると1年以上持つので、R134Aガスも安いことから
補充して使用しておりました。
入れるとクーラーはばっちり効きます。
現在、ガスが少なくなっているかと思いますので、
ご購入の際には補充されることをお勧めします。

 

————————————
・インパネにキズ
————————————

車が古いのでキズはあちこちにあるかと思いますが、
インパネのキズは大きいものなので写真を参照ください。

他にも内装の剥がれなど、古い車としてそれなりの状態ではあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

————————————
・運転席サイドシル腐食
————————————

 

運転席を開けたところのステップに塗装の剥がれと腐食があります。
サビチェンジャーにて簡単に補修しておりますが、そのままにしています。

販売する前に補修、となりますとサビを覆い隠して塗装することになります。
根本的に解決することにはなりません。

こういったシャーシ部分の腐食は、長く乗っていく過程で機会を見て
レストアしていく必要があるかと思います。

 

 

 

 

 

その他にも、ステアリング下部のクラックや運転席シートカバーの座面破れなど
また、私が気がついていないキズなどもあるかと思います。

 

大変古い車ですので、その辺りのことはご了承ください。
現状渡しとなり、保証なども無いこともご納得の上でご購入をご検討ください。

 

最後に完全ノーマル時のパワー測定と、
現在のスポーツタービンキットを搭載している状況でのパワー測定の
データーを載せておきますのでご参考になさってください。

※弊社タービンは最大出力重視でなく、パワーカーブが変わるタイプのタービンです。
ノーマルに比べて加速の曲線が鋭くなっていることが分かるかと思います。

>>>販売ページはこちら>>>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

に投稿

リビルトタービンに交換したらオイルが漏れた!の対処法

リビルトタービンに交換したとたんに、
タービンからオイル漏れが始まった!今までは漏れはなかったのに!

 

と言われてしまうことがたまにあります。

場所はアルミと鋳物の継ぎ目のクランプの部分。
異音は出ておらず、ターボも効く、という状況。

 

この場合、実はタービンが原因ではないのです。
返品されたタービンをチェックしても漏れはなく、完璧に機能している状態なのです。

 

なので、代わりの商品を何度送っても、また同じ状態でクランプ部から漏れてきます。

 

お客様からすると、タービンを交換したらタービンから漏れた、
ということでターボが原因と思ってしまう気持ちも分かりますが、

 

実は、このクランプの部分は本来オイルが通る場所ではないのです。
新しいリビルトは隙間があるので、ここにオイルが入ると漏れてきますが、

 

古くなっているそれまでのターボは、スラッジと焼き付きにより、
クランプ部分がくっついてしまっているのでオイルが漏れてきません。

 

 

そうなんです。以前から入ってきてはならない部分にオイルが入ってきていたのです。
新しいリビルト品に交換したことで、それが明らかになっただけ。

 

 

原因はほぼ間違いなく、エンジンクランク内の異常内圧です。

 

オイルポンプでどんどんオイルは送られてくるのですが、
エンジン内圧が高まっているので、オイルパンに自然落下で戻るはずのオイルが
圧力で戻されてしまうのです。

 

そこで、オイルパンから一番近くにあるタービンで行き場のなくなったオイルが溜まります。

 

タービンのピストンリングには、そういう場合の逃げとして僅かな切り欠きが作ってあり、
そこから行き場のなくなったオイルが溢れ出て、漏れてしまう、ということになります。

 

古いタービンはクランプ部分が焼き付いているのでマフラー側にオイルが流れていきます。
それが燃えてマフラーから白煙を吐きます。

 

 

エンジンの異常内圧を解消しない限り、いくらタービンを新しくしても直りません。

 

エンジン異状内圧の原因は多岐に渡っており、
・エンジンコンプレッションの低下(オイル上がり、下がり)
・ブローバイの詰まり
(完全に詰まってなくてもホースがスラッジなどで細くなったり硬化でも。PCVバルブだけでなく、
ヘッドカバーが2重構造になっていてヘッドカバー内が詰まっていることも)
・オイルフィルター、エアフィルター、オイルストレーナーの詰まり
・オイルポンプの劣化
・オイル粘度が合ってない
なんかでもそういう事態になってしまいます。

 

弊社製品を製作しているターボサービスオキ様のチェックリスト画像をシェアしますので、
もし困ってこのページにたどり着いた方はぜひご参考にしてみてください。

↓↓↓↓

 

に投稿

MOON EYES とシナノコラボレーションのエアーツール登場!

 

エアーツールの老舗「信濃」と「MOON EYES」のコラボレーション商品の登場です。

 

これ、実は人気過ぎてシングルアクションのミニポリッシャーは完売してしまいました。

 

現在は以下の商品が20台ずつくらい残ってます。

 

ダイグラインダー MOON EYES x SINANO コラボレーションモデル

 

 

シングルアクション ミニサンダー MOON EYES x SINANO コラボレーションモデル

 

 

ダブルアクション ミニサンダー MOON EYES x SINANO コラボレーションモデル

 

これを逃すと、手に入らない可能性が大です。

今のご時世、再販されることは稀かもしれません。
ガレージをカッコよくしたい、ニヤニヤしながら仕事したい人は是非お早めに~

 

 

に投稿

昔欲しかった車

皆さん、若い頃にすごく欲しかったクルマ、けど色々あって乗れなかったやつ。

 

ありますよね。

 

私はどうしても乗りたかった車が2台くらいあります。

 

ひとつはタイトル画像の、PEUGEOT205

 

もうとにかくデザインがカッコいい。
ピニンファリーナというデザイナーが描いたラインはもうアート。

 

ずっと見続けていられました。

 

20代の頃に欲しくてたまりませんでしたが、結婚、出産もありタイミングが合わず乗れませんでした…

 

 

もうひとつ欲しかったクルマは、PORSHE 901

 

 

 

ナローポルシェよりナローな最弱ポルシェですw

 

いやー、今見てもめちゃくちゃカッコいいです。

 

子育ても終わり、若い頃に見た夢を叶えたいなとも思うのですが、

 

現在、プジョー205、ポルシェ901、どちらのクルマも価格は高騰しており、とてもじゃないけど買えません。

 

しかしながら「セカンドベスト」という考え方があります。

 

上の写真のポルシェのミニカーですが、たまたま1,000円でお土産屋さんで見つけたのを
デスクに飾っているのですが、「美しいボディラインを眺める」という欲求は、
実車ほどではないでしょうが、仕事をしながら見惚れておりけっこう満足度あります。

 

 

そしてプジョー205は買えなくても、フィアットプントなら50万円くらいで沢山あります!

 

プント スポルティング アバルト 16バルブ 5MT 39.8万円
という魅力的な中古車をネットで見つけました。

こうやって「買えるかも!」って眺めているだけでもなかなか楽しい。

 

 

 

皆さんが若い頃に欲しかったクルマ、調べてみたら案外入手可能ではないでしょうか?

 

通勤用の軽自動車の新車よりもずいぶん安いかもしれません。
プントアバルトならミラのベースグレードより安い!オラ絶対こっち買う。

 

 

部品堂では、かなり古い車の部品もラインナップしており、
皆さんのカーライフの夢を支えることをテーマに仕事をしております。

 

欲しかったクルマが私同様買えない状態でしたら、
「セカンドベスト」でミニカーとか買うだけでも生活に潤い出ると思います。

 

みなさんもカーライフをどう楽しくするか、考えてみるだけでもワクワクすると思います。

 

おためしあれ~

 

 

に投稿

リノカ

最近「リノカ」をたまに見かけることありますよね。

 

リノベーションカー、の略らしくなかなかカッコいいです。

 

 

 

中古でも新車でもない、という発明に感銘を受けました。

 

 

リノカホームページ

 

 

カッコいいカーライフをクリエイトしていきたい、と思っている我々と
近いものがあるのでは、と勝手に思っています。

 

価格はけっこうするのですが、自分らしいカーライフを快適に送りたい方には
むしろ安いくらいかもしれません。

 

自分的には「リノカ」的なことをやるのが好きで、
DIYで色を塗ったり、あれこれ自分のセンスでいじるのが好きです。

 

このブログでも会社の軽バンをリフォームしているのを公開しました。

 

営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム1
営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム2
営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム3
営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム4
営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム5
営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム6
営業車を塗る 会社のバン(DA62V エブリィ)リフォーム7

 

お金をそんなにも使わずとも、けっこう楽しめます。

 

通勤や買い物は、単なる移動ではなくなり、
自分を表現するウェアであり、移動自体が娯楽と化すのです。

 

皆様のお持ちのお車も、じっと眺めてみてください。
ホームセンターや100均やニトリで、色々出来そうって思えてきませんか?

 

それにしてもリノカカッコいいなあ。

 

欲しい。

 

 

 

に投稿

優良部品かどうかを一番簡単に見分ける方法

前のブログ、「純正部品と社外品ってどう違う?」

 

の続きです。

 

社外品は「優良部品」か「それ以外」に分かれており、
それをどう見分けるのか?

というお話です。

 

 

「優良部品」」は日本自動車部品協会(JAPA)が決めている基準で、

品質、性能は純正部品と同等です。価格も安く提供できる補修用部品なのですが、

 

確認する方法が、けっこう知識が必要で、
ネットショップで購入する際に、タイムラインに並んでる大量の部品のどれが
「優良部品」なのか。

 

安心できる商品かどうかを判断するのはけっこう難しいです。

 

そこで、今回は知識なしで簡単に見分けれる方法をご案内します。

 

 

 

それはズバリ「第2ブランド品を狙う」ことです。

 

はい、第2ブランド品って意味わかりませんよね。

第2ブランド品というのは、部品業界独特の言い方なのですが、

 

トヨタ部品や日産部品、マツダ部品などのディーラー系の部品会社が販売する、
「社外品」のことです。

 

トヨタだったらタクティ、
日産はピットワーク、
マツダはロードパートナー

 

が第2ブランドメーカー名です。(この名前、聞いたことありませんか?)

 

 

 

もちろんトヨタのタクティでも、トヨタ以外の車の社外品を作ってます。
マツダのロードパートナーでも、カローラやワゴンRの部品を出してます。

 

 

自分のメーカーの部品しかない、ということはございません。

 

 

 

タクティやピットワーク、ロードパートナーの中身を作っているのは、
BANDOやアケボノ、日立、DENSOと言った、優良部品メーカーが作っている信用のおけるものです。

 

そりゃトヨタや日産、マツダという自動車メーカーが出してるから信用があるのは当たり前ですよね。

 

 

 

つまり、タクティ、ピットワーク、ロードパートナーの作っている物を買えば、
自動的に「優良部品」を選択していることになるのです。

 

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

ちなみにウチで扱っているのはロードパートナーです。
マツダさんとはとても長く良いお付き合いをさせて頂いております。

 

 

 

 

に投稿

純正部品と社外品ってどう違う?

自動車部品には大きく分けて「純正部品」と「社外品」があります。

 

「社外品」と一言でいわれてますが、色々あります。

 

実情は

 

「優良部品」と「それ以外」

 

に分けられると私は思います。

 

 

「優良部品」というのは、日本自動車部品協会(JAPA)が決めている基準で、

品質、性能は純正部品と同等です。価格も安く提供できる補修用部品。

 

ジェネリック医薬品の自動車版と思って頂ければ早いかもしれません。

 

優良部品を作っている部品メーカーは、当然ながら国内有力の自動車部品メーカーです。

 

新車の部品開発を担っているメーカーも多く、純正品と違うのは外箱だけ、
という製品も少なくありません。

 

純正品メーカーと全く同じ金型を使い、同じ製法で作っている場合など様々でありますが、
品質については、純正品と遜色ないと思ってもらって構わない製品です。

 

問題は、ネットに並ぶ「社外品」が「優良部品」なのか「それ以外」なのか。

 

「それ以外」は玉石混交で、一概に粗悪品とも言えないのですが、
大切にされているお車には激安品はご使用になられない方が良いかもしれません。

 

見分ける方法はけっこう知識が必要で難しいのですが、こちらのサイトに記載もあります。

 

次の記事では、簡単に安くて良い自動車部品、「優良部品」を見分ける方法について語ります。